ホーニングやアルミキャストの優れた加工で魅力的な製品を生み出す

ウーマン

一時保存に最適

クーラーパック

夏場になると急速に需要が伸びる保冷剤は、冷凍・冷蔵保存が必要な食材や高温になるのを予防して冷却をする必要がある機材に使用されます。現在、商品化されている保冷剤のほとんどが繰り返し使用できるエコなタイプであり、企業でも導入されているところがほとんどでしょう。この原料の使用されるのがナイロンポリと呼ばれる素材であり、その名前の通りナイロンとポリエチレンを混ぜたものです。
保冷剤で用いられるナイロンポリのほとんどは、食品の包装やポリ袋に使用されています。これは素材が持つガスバリア性能が酸素と水蒸気の侵入を防ぐ特性があるからでしょう。実際、保冷剤内で内容物に余計な物質が含まれてしまうと、冷却効果を発揮しません。だからこそ、ナイロンポリのような特殊な特性を持つ原料を用いて、保冷効果を維持しているのです。

保冷剤を冷やすことで急速に冷えるのは、ナイロンポリを使用することで実現するわけではありません。内部に使用される高吸水性ポリマー、吸水性高分子ゲルと呼ばれる原料が水分を吸収することで、冷却すると凍るようになっています。
最近は冷凍・冷蔵機能がさらに高まっており、一度冷やすと約10時間程度持つタイプも登場しています。それに、用途に合わせてサイズや形も自由に選べるようになっているので、様々な業種で役立つアイテムとなっています。また、安価で仕入れることができるのっで、一時的に食材や機材の冷凍・冷蔵に用いたい時に役立ちます。