ホーニングやアルミキャストの優れた加工で魅力的な製品を生み出す

ウーマン

光触媒に注目

工場

酸化チタンは原料名だけ見ると聞き慣れないものですが、白色顔料や白色ペンキに用いられるほど汎用性が高いものです。その形状は、白色の粉末で無害であることから昔からあらゆる場面で活用されています。ただ、最近は酸化チタンを光触媒することによって様々な効果が見られることから、さらに多くの製品に用いられるようになっています。その中でも特に人気が高いのは空気清浄機で、清浄機能の要であるフィルターの役割を果たします。空気清浄機では活性酸素などの有害な物質を吸い込み無害化する機能性が求められていますが、酸化チタンの光触媒が成功したことで汚れや細菌の除去に役立っています。また、その他にも酸化チタンを配合したコーティング剤をガラスに使用することで、ガラス面の汚れを予防する効果も発揮してくれるのです。

酸化チタンを用いることであらゆるメリットをもたらすことが分かり、製品に用いる機会が増えています。それは、この素材自体が人にも地球にもやさしいことでしょう。実際、酸化チタンは有害物質であるダイオキシンの発生を抑制する材料としても活かされています。これは、有害物質に吸着して分解してくれるからであり、これも光触媒によって見出されたパワーなのです。

酸化チタンの研究は継続されており、新たな分野で使われる可能性が高いと言われています。これだけ高性能でありながら使い勝手のいい原料はそうそうありません。魅力的な製品づくりを目指すなら、原料として用いてみましょう。